【質問2‐7】
わが国の新エネルギー政策について知りたい

【解答の要点】
太陽光発電も風力発電も2010年度の目標を達成できる見込みであります。その他の新エネルギーの開発もほぼ順調に進んでいます。

【解答】
 質問2‐5の解答で述べたように、2010年の需給見通しでは、新エネルギーの見通しはレファレンスケースで9百万kl、現行対策推進ケースで15百万kl、追加対策ケースで19百万klとあります。この内訳を示せば次の表のとおりになります。

新エネルギー導入量の実績と見通し
種別 1999年度
実績
2002年度
実績
2010年度
レファレンス
ケース
2010年度
現行対策推進
ケース
2010年度
追加対策
ケース
2010年度
現行目標
ケース
太陽光発電 5.3万kl
20.9万KW
15.6万kl
63.7万KW
62万kl
254万KW
118万kl
482万KW
左と同じ 118万kl
482万KW
風力発電 3.5万kl
8.3万KW
18.9万kl
46.3万KW
32万kl
78万KW
134万kl
300万KW
134万kl
300万KW
廃棄物発電 115万kl
90万KW
152万kl
140万kw
208万kl
175万KW
552万kl
417万KW
552万kl
417万KW
バイオマス発電 5.4万kl
8.0万KW
22.6万kl
21.8万KW
22.6万ki
21.8万KW
34万kl
33万KW
34万kl
33万KW
太陽熱利用 98万kl 74万kl 74万kl 74万kl 1,072万kl 439万kl
廃棄物熱利用 4.4万kl 3.6万kl 4.4万kl 14万kl 14万kl
バイオマス熱利用 67万kl 67万kl
未利用エネルギー 4.1万kl 6.0万kl 9.3万kl 58万kl 58万kl
黒液、廃材等 457万kl 471万kl 487万kl 487万kl 494万kl
総合計 693万kl 764万kl 899万Kl 1,538万kl 1,910万kl 1,910万kl
対一次エネルギー
総供給比
1.2% 1.3% 1.4% 2.6% 3%程度 3%程度
         参考文献:平成16年10月、総合資源エネルギー調査会 需給部会報告書

 国は家庭の太陽光発電に対して補助金を支出して利用の推進を図っています。また企業の風力発電に対しては、電力会社に割高な金額で電力を購入するように指導してその増強を図っています。このような措置により発電分野は2010年には目標を達成できると予想されています。熱利用分野においてはその導入が順調に進んでいない分野もありますが、追加対策を図ることにより目標の1,910万klの達成は難しくないと考えられます。
 しかし、新エネルギーの導入は追加対策ケースにおいても、一次エネルギー総供給量の約3%に過ぎません。省エネルギー導入による節約分6.5〜6.7百万kl(一次エネルギー総供給量の約12%)に較べると1/3程度であります。

Q&A(その2)へ戻る